Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

女性心理は会話や言葉にあり!挨拶や呼び方に好意はあるのか?

気になった女性に声をかけられるとドキッとしてしまいますよね。

そこから会話が始まれば、嬉しいことこの上ありません。

でも、そこでちょっと疑念が湧き上がる事があると思います。「あれ?この人自分に気があるのかな?ないのかな?」

気安く挨拶してくれるし、呼び方も軽いし好意はあるんじゃないか。でも、会話の内容的にはそんな感じはしないし……。

そんな不安を払拭するため、相手女性の言葉や会話の仕方から女性が何を思っているのか考えてみましょう!

女性との会話と言葉の本音

笑顔 女性 心理 赤面 口元を隠す 行為 好意 隠れてる

女性は本音と建て前をよく使い分けます。男性から見たら真逆のキャラを演じる事もあります。

では、よく聞く言葉の中の本音を見てみましょう。

「○○教えてください」
女性から男性に教えを乞う場合、その女性は貴方に対して好意……とは言えないまでも、決して嫌ってはいません。なぜなら、嫌いな男性に対して借りを作りたくないのが女性心理だからです。

「なんでもないです」
これはいくつか意味があります。まず、話しても仕方がないことだと判断された場合。次に、自分の不満に気が付いてほしい場合。あと、自己解決した場合です。

どちらにしろ好意的な言葉ではありません。状況的に怒っている場合が多いので、慎重に行動しましょう。

「かわいい」
ほめる時の常套句です。好意と勘違いされやすい言葉ですが、実は深い意味はありません。ですが、少なくとも言った対象を嫌ってはいません。

全体的な傾向として、好意を持っている女性は男性に近づきたがります。なので、教えを乞うたり、男性の事を聞いてきたりします。

逆に好意を持たない女性は、男性から離れたがります。それらしい言い訳や理由をつけて離れますので、その理由が本当のなのか嘘なのかを見抜けるようにしたいですね。

女性からの挨拶

女性心理 会話 言葉 挨拶 呼び方 好意

朝一番に女性から笑顔で挨拶されたら、なんだか嬉しくなりますよね。そんな女性は自分に好意を持ってくれているのでしょうか。

注目したいのは、女性の目です。

ビジネスの場において挨拶は日常のマナーです。自分に向けられた挨拶がビジネス用なのか、個人用なのか気になります。そういう時は女性としっかり目を合わせて挨拶しましょう。

笑顔でも女性の目が笑っていれば、脈はあるでしょう。しかし口元だけの笑みを浮かべていた場合、ほぼビジネス用なので下手にアタックしてはいけません。

目元が笑っていた場合も、女性は表情を作れるのであまり浮かれたりせず慎重に行動してください。

男性の呼び方が違ってくる

バレンタインデー どうしよう 1日遅れた 13日

女性との付き合いが長くなってくると、いつの間にか自分の呼び方が変わっていたことなどありませんか?

女性が呼び方を変えた時、女性はどう思っているのでしょうか。

単純に答えるならば、親密度が上がった場合に呼び方を変えてしまう女性が多いようです。

女性同士の付き合いでも、あえて「こう呼んでいい?」と聞くことはあまりなく、その場の雰囲気で相手の名前を呼んでしまう事が多々あります。ビジネスの場ではあまり褒められた事ではありませんが、それだけ貴方に親近感を覚えているという事でしょう。

ただ、親密度=好意というわけではありません。気になるのであれば「いつの間にか○○って呼んでるね」など、湾曲な表現で聞いてみましょう。呼んでもらえてうれしい旨まで伝えると、好意を持ってくれている女性ならさらに親密度を上げてきてくれますよ。

まとめ

女性の言葉には男性には読み切れない裏表があります。

なぜ女性はこうまで「言葉の裏」を重視するのか。それは、女性は「赤ちゃんの泣き声の裏」を聞き取りやすいように進化したからだと言われています。

赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からなければ、育児が難しくなってしまいます。なので、先天的に女性は感情を読み取りやすくなっているらしいのです。

男性には理解しがたい女性の心理。ですが、読み取れれば女性に対する不安や苦労も和らぐので、ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする