Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

笑顔の中の女性心理!赤面や口元を隠す行為に好意が隠れてる!

笑顔を見せてくれる女性は愛らしいものですよね。

屈託のない笑顔を見せている女性に惹かれるけれど、見せてくれているその笑顔は本物なのか。実は愛想笑いだったりして……そんな自信暗鬼にとらわれる事もあるでしょう。

愛想笑いと本当に好意を含んだ笑顔、それらを見抜く方法はあるのでしょうか?

また、女性がよくやる口元を手で覆い隠すしぐさや、話しかけた瞬間に赤面する態度にはどんな意味があるのでしょうか。

女性心理の裏側をのぞいてみましょう!

笑顔の中の女性心理

笑顔 女性 心理 赤面 口元を隠す 行為 好意 隠れてる

「彼女の笑顔に惚れた」なんていうセリフはよく聞かれますが、では、気になる女性から笑顔を向けられたらアタックしてみてもいいものなのでしょうか?

端的に回答するならば、脈ありとみていいでしょう。

女性の武器は笑顔、という言葉がある通り、女性にとって笑顔は意中の男性に好意を持ってもらうための重要な武器です。

その武器を振りかざしているのですから、当然、その女性は貴方に好意を持っていると考えられます。

ただし、目元は注意してみておきましょう。愛想笑いの場合、口元しか笑わないため目じりにしわが寄りません。

女性の中には目が合った瞬間につい愛想笑いをしてしまう人もいるので、アタックは様子見から始めるのが無難かもしれません。

話しかけたら赤面したけれど…

笑顔 女性 心理 赤面 口元を隠す 行為 好意 隠れてる

話しかけたら動揺して赤面してしまう女性も愛らしく魅力的ですが、そういった女性は自分に好意を持ってくれているのでしょうか?

そもそも、赤面というのは心理的に「動揺」がある場合によく見られます。

この同様というのは不測の事態、予期せぬ事態が起きた時によくみられるのです。

たしかに意中の相手に声をかけられて動揺することもあるでしょう。

しかし、話しかけられないはずなのに話しかけられた、つまり口下手な女性が話しかけられて動揺した場合や、ウトウトしていたところに話しかけられた場合にもよく見られるのです。

不意打ちを喰らった場合ですね。なので、一概に赤面=好意とは位置づけられません

もし気になる場合は、不意打ちにならないように声をかけてみましょう。

また、口下手そうな女性には数度声をかけて慣れてもらうのもいいかもしれません。

口元を隠す女性心理

笑顔 女性 心理 赤面 口元を隠す 行為 好意 隠れてる

女性がよくする口元を隠すしぐさには、どのような意味が隠されているのでしょうか?

まず、男女区別なく口元を隠すという行為には「自分を隠す」という深層心理があります。

本当の自分を知られたく無い、本音を隠したいときに見られる行為です。

では、口元を隠す女性は、実は好意を持っていないのを隠そうとしているのでしょうか。

答えは否です。好意を持っているからこそ、本当の自分が持つ醜い部分を隠そうとしてしまう心理もあるのです。

また、恋愛に積極的になれない女性などは「自分が好意を持っていること」自体が恥ずかしく、相手に気取られないように隠すこともあります。

総合的に見て口元を隠す女性は、好意があるかもしれない、と思っていいかもしれません。

ただし、逆に好意を持っていない事を悟られないために口元を隠していたり、口臭を気にして隠している場合もあるので、決して浮かれないようにしたいところです。

まとめ

笑顔は他者に好意を伝えるための一番有効手段です。これは女性だけでなく男性にも言える事です。

また、赤面したり口元を隠すという行為も、男性でもついついやってしまう行為ですよね。

女性の心理を見抜く手段として挙げましたが、実は深層心理に男女の区別はほとんどないのです。

動揺したら赤面し、隠したいことがあれば口元をつい隠す、楽しければ心から笑う。

そんな自分自身でついやってしまう行為を相手に当てはめてみると、実は結構簡単に相手の心理がわったりします。

ここに書かれていること以外にも気になる行為があれば、自分の経験に当てはめて考えてみるのもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする