Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

年金制度改革法案でどうなる?2016年いくらもらえるかが変わる?

老後の生活の基盤となる年金。その増減は私たち国民にとって生活をも揺るがす大きな問題と言っても過言ではないでしょう。

その年金の制度が、2016年に一部が変更されました。

どのあたりがどのように変わったのか、皆さんはご存知ですか?

貰える年金は増えるのか、減るのか支払う額は増えるのか、減るのか

どういうメリットがあって、どういうデメリットがあるのか。

変化に伴う不安はたくさんありますよね。

そんな不安を解消すべく、年金制度改革法案について調べ挙げました

年金制度改革法案の大きな概要

男性 心理 会話 不機嫌 いじる けなす 本命 態度

厚生労働省が発表している概要では「将来世代の年金を確保するために保証の幅を広げる」とあり、また「年金積立金管理独立法人の制度を見直す」とあります。

そのために以下の点を改革しました。

1、短時間労働者への被用者保険の適用拡大の促進
2、国民年金第1号被保険者の産前産後機関の保険料免除
3、年金額の改定ルールの見直し
4、年金積立金管理独立法人の組織等の見直し
5、日本年金機構の国庫納付規定の整備

年金だけだと思ったら、意外と保険まで見直しされていたのですね!

1の短時間労働者というのはパートやアルバイトの事です。

つまり、パートやアルバイトでも保険に入れるように企業は頑張ってくださいね!と応援する改革です。

2の国民年金第1号被保険者というのは主に自営業の方が入る年金の枠組みですね。

女性が自営業で世帯を支えていた場合、自営業を休んでしまうと年金すら払えなくなってしまいます。しかし産前産後は必ず休養が必要になってきます。

なので、その間の年金は払わなくていいですよ!という法案改革なのですね。

よくわからないのは3~4の部分。これは次の章でご説明します!

具体的な年金改革の内容

年金制度改革法案 どうなる 2016 いくらもらえる 変わる

年金のお金に直接かかわってきそうな前章の3~4ですが、中身は具体的にどうなっているのでしょう?

まず、間接的なかかわりになる4、5から説明します。

4では、以前まで理事長がトップのピラミッド型執行部有識者で構成される運用委員会の2組織で運営していたのを、統一性を出すためにひとまとめにした、という事です。

その代わりピラミッド型はやめて複数人で意思決定をし公平性を高めましょう、という事ですね。

5はもっと簡単で、いらない宿舎他を処分してお金にして国庫に戻してね、というルールです。

で、一番気になる3です。

簡単に言えばインフレ、デフレに関わらず年金を増やさない、減らさないという方法です。

経済は常に変動し、インフレが起こればそのうちデフレも起きます。デフレで経済状況が悪くなっても前年度より下回らない年金を保証する代わりに、インフレが起きても過度に年金を上げることはせずに、デフレで切り崩した部分に充填する、または将来のデフレに備えて貯蓄するよ、という事ですね。

また、若者世代の賃金が低くなったら年金額を減らします、と、若者世代を守るための改定も盛り込まれています。

自民党としてはこの政策は緊急措置の様に考えているようなので、すぐに適用されることはないようです。

つまりどういうこと?改革後のメリット・デメリット

バレンタインデー どうしよう 1日遅れた 13日

なんだか制度の話ばかりでよく分からないので、まとめます。

つまり、皆が保険に入れるようにしよう年金があまり変動しない様にしよう、という法改正ですね。

貰える年金が変動しないのはメリットですが、代わりに物価の上昇に対して年金が上がらないというデメリットもあります。

もし台風などで作物が全滅して物価が急上昇したとしても、もらえる年金は一緒という事です。

物価が上昇すると生活は苦しくなるけれど、その代わり賃金が低下しても年金が下がる事はない……メリットもデメリットもある改正なのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日常で年金について考える事はあっても、深く知ろうとまでは思わないことが多いですよね。

年金保険税金など、深く知れば受けれる恩恵がたくさんあります。年金もその一つです。

死ぬまで働かなくてはいけないのか、と気落ちしている方は、ぜひ一度詳しく調べてみましょう。

自身の給与から引かれているお金、病気やけがをした時に給付されるお金などを今一度見直してみると、意外な所でお金が浮くかもしれませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする