Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

奈良のシカは食用にしてもおいしい?捕獲方法と動物園での保護の仕方

奈良で触れ合える鹿は名物の一つですよね。

奈良の鹿は1975年に天然記念物にも指定され、神の御使いとして大切にされてきました。

その鹿が、なんと県によって捕獲されることになったのです。

外国人の旅行客にも大好評の奈良の鹿。いったいなぜ捕獲という事になってしまったのでしょうか?

その理由と捕獲方法、食べたらおいしいのか?まで調べました!

奈良の鹿はなぜ捕獲?

奈良 シカ 食用 おいしい 捕獲方法 動物園 保護 仕方

奈良の鹿の捕獲に至った経緯をざっとおさらいします。

実は奈良公園の近辺での農家では、深刻な作物への被害が報告されていました。

天然記念物に指定されている為むやみに駆除もできず、農家の方々は困っていたようです。

1985年からは申請をすることで捕獲できるようになりましたが、世間の批判を受けて申請者は出てこなかったようです。

しかし、農家への被害は止まず被害が深刻化してきてしまった為、県が奈良の鹿を捕獲するという事になりました。

奈良の鹿の捕獲方法

小池百合子 血液型 性格 語録 愛犬 名前

一口に捕獲すると言っても、どのような形で捕獲されるのでしょうか?

基本的に銃は使わず、檻での捕獲のようです。

奈良公園の鹿は保護対象となっているので、公園から離れた農村部などを中心に捕獲されます。

罠の大きさは幅1m×高さ1,2m×奥行2mで、大人の鹿が丸々1頭入る大きさです。

地域によって捕獲上限が決められており、全体で120頭ほどを捕獲するとのことです。

捕獲された鹿は雌雄や年齢、食べている物などから生態を調べ今後の対策の参考にするそうです。

捕獲された鹿のその後

豆まき ねらい 五行 向き 方角 タイミング

捕獲された鹿はその後どうなるのでしょうか?

鹿は捕獲された後、別の場所で逃がしたい考えであると担当者は言っているようです。

また、奈良には怪我をした鹿を保護する『鹿苑』があるため、そこで保護される可能性もあります。

動物の保護と言えば動物園ですが、まだ奈良の鹿を保護するという動物園は出てきていないようです。

逃がすにしても動物園で保護するにしても、120頭はかなり多いような気がします……。

神聖な動物なので、ぜひ丁重に扱って欲しいですね。

鹿肉はおいしい?調理方法は?

奈良 シカ 食用 おいしい 捕獲方法 動物園 保護 仕方

逃がせなかった鹿はどうなるのか?ただ駆除するのはかわいそうですから、せめて食べてあげたいですよね。

鹿肉は果たしておいしいのでしょうか?

実は、鹿肉は欧米で高級食材と扱われるほど栄養価が豊富な食材だったりします。

脂質は少なく質が良く鉄分も豊富に含まれていて、女性に嬉しいダイエット効果もある優良食品なのです。

臭みがある、と思われがちですが、きちんと血抜き処理が施されたものであればそんなことはありません。

調理法としてはステーキやカレーなど、普通の豚肉や牛肉と同じように扱って問題ないようです。

ただ脂質が少ない分、焼くと固くなりやすいので注意が必要です。

生でも食べられない事はありませんが、鹿のみならず野生の動物は寄生虫を多く持っています。厚生省ではよく焼いて食べることを勧めています。

まとめ

神の御使いである鹿を食べるなんて……と思われがちですが、実は神様を食べるという儀式は色々な地方でみられます

キリスト教のパンと葡萄酒はイエスキリストの体の象徴と言われていますし、日本神話には保食神(うけもちのかみ)という神様がいて、その体から牛や大豆が生まれ民たちが食べている、という考え方もあります。

神様の力を体内に取り込むことによって、神の慈悲であったり、活力をいただくという意味があるのですね。

そう考えると、奈良の鹿もただ捕獲するだけではもったいない気がします。

なるべくなら生きて保護してほしい所ですが、いざとなれば『食べる』というのも一つの選択肢なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする