Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

ナシ婚には反対?親の説得や対策と周囲への影響について

結婚式をしない、入籍のみの結婚をナシ婚と言います。

結婚式の手間や費用を節約するため、最近ではナシ婚を選択する人も増えています。

ただ、ナシ婚をするとなると気になるのは親戚の目

親から一つの区切りとして、又は新しい家族の顔合わせとして結婚式をして欲しい、とプレッシャーをかけられて困惑する人も多々おられます。

実際、ナシ婚をすると周りにどのような影響があるのでしょうか?

ナシ婚に反対する親をどう説得するかも踏まえて解説していきます!

どうしてナシ婚に反対するの?

バレンタインデー どうしよう 1日遅れた 13日

ナシ婚に対してとにかくダメだ!と強く言われてしまうと、なかなかそれ以上の会話に進めなくなってしまいますよね。

そうなると理由が聞けなくてモヤモヤが残る、という事もよくあります。

では、ナシ婚に反対する理由とは一体何なのでしょうか?

結婚するというのは世帯に繋がりが出来る事……つまり、親自身の親戚が増える事でもあります。

人の繋がりを重視する人であれば、身内が増えるのですからなるべく新しい親戚と顔合わせをしておきたいと考えます。

連絡先を知ってきたいという情報交換の場として活用する人もいるかもしれません。

昔の人にとって結婚式や披露宴はそういう世帯との繋がりにとらえている人が多いです。

一つの世帯が独立する、という考え方ではないのですね。

また、子供の成長を一番近くで見守って来た親にとっては子供が自分から離れていく事への寂しさや切なさに向き合う儀式にもなります。

反対する人はそういった人の繋がりや気持ちを蔑ろにする行為、と捉えて怒っているのかもしれません。

周囲への影響はあるのか

藤田桜恵香 英語 水泳 性格 家族構成

ナシ婚というのは周囲へどんな影響を与えるのでしょうか。

負の面が多いと思われがちですが、実は意外とスムーズに受け入れてくれた、という声が大半です。

最近ではナシ婚を選択する夫婦も多くなりましたし、給料が上がらないこの時代ではナシ婚は賢明な判断と捉える人も多くなりました。

なので、周囲へ伝えた時に反対される心配はあまりしなくて良さそうです。

しかし、ナシ婚で起こるトラブルも決して少なくありません

事例を挙げると、先に結婚式をした友人に「こちらも祝儀を渡したいがナシ婚の場合どうしたらいいか」と相談を受けたり。

顔合わせの機会がないので親戚に「旦那さんの顔を知らない」と苦笑交じりに言われたり。

自分も相手の親戚に知られていなかったり

……シャレになっていないトラブルように見えますが、これらの事態は結婚報告をしっかり行っておけば防ぐ事ができるものです。

事前連絡や結婚報告についてまとめた記事があるので、ぜひ参考に下準備をしっかりと行いましょう!

(関連記事 ナシ婚の流れを解説!親戚や上司への挨拶状や報告の文例まで

ナシ婚に反対する親を説得するためには

アンガーマネジメント アサーション とは 理論 できない 理由

さて、以上を踏まえてナシ婚に反対する親を説得するためにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、結婚は自分達だけの問題では無いことをしっかり頭に入れて置きましょう。

親や親戚、職場に至るまで様々な人達に影響がでます。

なので「なんとなくナシ婚する」では決して説得はできません。

どうしてナシ婚をするのか理由をつけて親へ説明するのが説得への早道です。

周りへの礼儀は通す事を明確に宣言しておけば、親の意志も少しは揺らぐでしょう。

一番良いのは、どういった手順で結婚報告やお祝いへの返礼、親戚への顔合わせをするかを伝えられる事です。

明確なビジョンが立っているとわかれば「そこまで言うのなら仕方ない」と思ってくれるでしょう。

それでも反対される場合。これはもう仕方ないので、お互いの妥協点を見つけるのが無難です。

親が顔合わせをしたいと主張するのであれば、少し大きめの会費制パーティーで顔合わせの場を作る事もできます。

夫婦にお金のがなくてできないのであれば、全額負担して貰う事もアリだと思います。

裏技的になりますが、祖父や祖母、叔父叔母など親戚に相談して味方になって貰うのも一手ですね。

まとめ

実は、戦前まで結婚式という概念はありませんでした。

結婚の際には「婚礼の儀礼」があり、道具入れ・嫁入り・祝言の3つをまとめて行う披露宴のような物だったのです。

なので、昔の人はどちらかというと結婚式(披露宴)とは結婚したことを周りに認知してもらうする場と考える人が多いのですね。

そこで思い出されるのはDAIGOさんと北川さんの結婚式。

あれほど多くの人に認知してもらった結婚式は、今時では珍しいのではないでしょうか。

ご両親もそこまでいかずとも、なるべく大々的な認知を求めているのかもしれません。

だからと言ってナシ婚がいけない訳では決してありません

お金や時間の事を考えれば当然の選択ともいえます。

結婚式をしてほしいという親心を分かった上で説得できれば、円滑に話が進むのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする