Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

ナシ婚へのプレゼントは?食事会やパーティーの服装なども

最近流行りのナシ婚。

その人口が増えるにつれ、友人や親族がナシ婚をしてその食事会に呼ばれる……と言った事も増えてきました。

しかし、そこで困るのはプレゼントご祝儀の問題

結婚式をしない場合、祝儀はいるのか、プレゼントぐらいはした方がいいのか、など悩むところはたくさん。

パーティーでもカジュアルな服装で、と言われたもののどこまでカジュアルな服装でいいの?と困る事もあるでしょう。

そこで、ナシ婚の祝儀やプレゼントの問題やパーティーの服装など、体験談などからまとめてみました!

ナシ婚の人への祝儀

バレンタインデー どうしよう 1日遅れた 13日

ナシ婚の人へのご祝儀は、いくら包めばいいのか悩むところですよね。

ポイントは自分が結婚した時にご祝儀を貰ったか(貰うつもりか)、そして会費制のパーティーかどうか、です。

基本的に会費がないパーティーには祝儀あり会費があるパーティーには祝儀なしで行くのが一般的なようです。

先に自分が結婚していて祝儀を貰っていた場合は、同額程度を包むのが一番一般的です。

逆に今後結婚する予定がある場合も、相手が包むであろう一般的な金額を渡しておくと、後に相手も祝儀を返しやすくなります。

結婚の予定がない場合は、無難に祝儀1万円ほどに加えてちょっとしたプレゼントがあると良いようです。

会費制のパーティーの場合、催す側としては会費があるので祝儀を受け取るのは心苦しい、という思いがある事が多いようです。

なので、会費分を差し引いた祝儀分のプレゼントを贈ると喜ばれるようですよ。

どうしても金銭として渡したい場合は理由も添えてお渡ししましょう。

相手も貰いすぎると逆に気が引けてしまいます。相手の気持ちに立って考える事も大切ですね。

パーティーの服装

マンション 個人 宅配ボックス 物 勝手 預ける

ナシ婚の人に食事会に誘われたけど、どういう服で行ったらいいのかわからない……そんな事もありますよね。

では、どういった服装がベストなのでしょうか。

この場合、招待客の範囲がキーとなってくるようです。

親族や会社の上司を招いている場合、相当大規模なパーティーになる事が予想されます。いわゆる披露宴を兼ねたパーティーなのですね。

そこそこのレストランやホテルで行われる事が多いため、フォーマルドレスで行くことをお勧めします。

逆に招待客が友人と呼べる範囲の場合。この場合はかなりカジュアルなパーティーになるようです。

服装もラフにならない程度にカジュアルな服装で行くのが無難なようです。

また、どちらともつかないようなパーティーだった場合は会場を聞きいて調べておくと良いみたいですね。

高級そうなレストランやホテルならフォーマル、シンプルなレストランや自宅ならばカジュアルが無難です。

あと、よく体験談に多く見られたのは「一緒に誘われた人に聞いてみる」です。

そうすれば少なくとも一人だけ浮いた格好をしなくて済む……ということですね。

聞ける人がいない、パーティー規模もわからない、という事になったら、とりあえずフォーマルを着ていきましょう。

ファーマルの中にカジュアルがいるより、カジュアルの中にフォーマルがいた方が悪目立ちしなくてすむからです。

プレゼントは何がいい?

バレンタインデー ルーツ 成り立ち 外国 贈り物 といえば

さて、最後は悩みの種になりやすいプレゼントです。

何を贈ればいいのか、何が喜ばれるのか……頭が痛い所ですよね。

贈ると喜ばれるプレゼントと送ってはいけない品をピックアップしました!

まず、贈ると喜ばれるプレゼントはやはり商品券カタログギフトなど、自分で商品を選べるもののようです。

逆の立場なら「確かに」と思ってしまいますよね。

ただ、マナー違反と取られてしまう場合もありますので、贈るとしたら親しい間柄の人だけにしておきましょう。

他に喜ばれるプレゼントとしては、ペアチケットが良いようです。

おいしい料理やクルージング、巨大遊園地など二人で楽しめるスポットなどに招待すると、新婚さんの仲が一層深まり嬉しいみたいですよ!

更にはペアグラスや食器セットなど、新婚生活で利用率が増える小物も喜ばれるようです。

次に送ってはいけない品ですが、これは切れる、別れる、消える等の消極的な意味合いを持つ物になります。

ハサミなどの刃物類は「切れる」。陶器の食器などは「割れる」。お菓子・消耗品類は「消える」。

……などと書きましたが、こう縛りが多いと品物が制限されてしまい他人のお祝いとかぶってしまう危険性が非常に増えます。

なので、昨今ではあまり気にしすぎず、新郎新婦が喜びそうなお菓子なども普通に贈っているようです。

最低限押さえておきたいNGプレゼントとしては

・刃物類 ・ライターなど燃やすもの
・日本茶(香典返しによく使われるため)
・櫛(苦・タヒ) ・一人用の物
・2以外の偶数(割切れる)+9(苦)

です。気を付けておきましょう!

まとめ

最近主流になってきたとはいえ、まだまだ一般的とは言えないナシ婚。

いきなり誘われたら戸惑ってしまいますよね

ただ、それは結婚する側も同じだったりします

少ない情報の中、体験談やネットの情報を集めながらやっている夫婦も多く、失敗もまた多いようです。

分からないのはお互い様なので、なるべくなら失敗してもお互い笑い合える関係でいたいですよね。

結婚とは夫婦だけでなく多くの人と人の絆を結ぶ儀式です。

あまり大仰にとらえすぎずに、まずはパーティーを楽しんでしまいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする