Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

二人目ワンオペ育児の時の息抜きの仕方!助けて欲しいと叫ぶ前に

ワンオペ育児というのは親に大きな負担がかかります。

一人でも辛いのに、二人もいたら……と怖くなってしまいますよね。

実際、時間がないお金がない等の理由で四苦八苦するご家庭も多いようです。

時には助けて欲しいと叫びたくなることもありますよね。

二人目もワンオペ育児でこなしている人は、どうのようにこなしているのでしょうか?

手の抜き方や便利グッズ、行政の制度などをご紹介していきます!

二人目のワンオペ育児の実態

二人目ワンオペ育児 息抜き 助けて

まだ子供が一人しかいないと、不安に思う二人目育児。

実態はどうなっているのでしょうか?

体験談を見ると、ほとんど皆さん二人目もワンオペ育児でこなしているようです。

そして驚くことに二人目育児の方が楽だと言う声が多いです。

二人目からは市販の離乳食を使ったりお菓子を早めに与えたりと良い意味で雑になったよう。

一人目で勝手を知ったので大丈夫、という声が多く聞かれました。

また、兄弟間でご飯を取り合ってあっという間に離乳が完了するなど、上の子を見て成長する機会も増えるので、一から全てを教えるという事もないようです。

兄弟がいる、という環境を上手く使って手抜きをするのがワンオペ二人目育児のコツのようですよ!

それでも大変な時は……

男 悩む スーツ

手の抜き方がわからず四苦八苦する二人目育児があるのも事実です。

そういう時にはどうしたら良いのでしょうか?

まず、文明の利器に頼ってしまいましょう!

二人目育児で買って良かった家電として、

・自動掃除機(ルンバ)
・食器洗浄機
・乾燥機付き洗濯機

があるようです。

家事の三大要素である掃除、洗濯、料理に関わる手間を補助してくれる家電ですね。

他にも食材を入れてスイッチを入れるだけで料理が簡単に作れる炊飯家電も人気のようです。

また、A型ベビーカーはとにかく買っとけ!という声もあります。

意外と一人目育児では使わないA型ベビーカー。

二人目育児で大変なのは上の子の幼稚園行事なので、その移動や送り迎えに重宝するようです。

ベビーカーの後ろに付けるバギーボードも知られざる利器として名前が挙がっています。

ベビーカーの後ろに付ける事で、小さい子供が立ち乗りできるようになるアイテムです。

ベビーカーに乗りたがる上の子対策に、一つあると便利かもしれません。

他にもベビーフードは性能が上がってきていますし、100均に行けば手頃な便利グッズが手に入ります。

ストレスを溜めて爆発してしまう前に、こういうグッズに頼ることも必要です。

二人目育児の公的金銭支援

二人目 ワンオペ育児 息抜き 助けて

二人目育児で一番不安に思うのは、やっぱり金銭面でしょう。

ワンオペ育児ともなると、外に稼ぎに出るのもしんどい所。

そこで、家庭でもできる知って得する公共機関の支援制度をご紹介します。

先ずは児童手当。子供ひとりごとにつき月1.5万が支給されます。

二人目以降も減額されることはなく、一人目と合わせて月3万が入る事になります。

かなり大きい金額になるので、必ず申請しておきましょう。

仕事を産休した方には育児休業支援金や、片親家庭には母子扶養手当もあります。

また、各都道府県、市町村で色々と支援があります。

むしろ、都道府県や市町村の方が支援は充実していると言えます。

神奈川では二人目以降では4500円分のオムツやおしりふきを支給してくれたりしています。

市役所に行けば支援内容を説明してくれますので、早い内に相談に行きましょう!

余談ですが、筆者の経験談からオススメするのは医療費控除です。

1月から12月までの医療にかかったお金が10万を超える場合に税務署に申請すると、税金の一部が返金されます。

私の場合、出産の際に出産育児一時金をオーバーした分を申請して3万ほど返金されました。

実はこれ、ドラッグストアの薬代歯医者マッサージ代(医療目的のみ)も加算できるので、意外と10万を超えるのは難しくなかったりします。

ただし、申請が確定申告の時期なのでめちゃくちゃ並びます(笑)

2月ぐらいからネットで記入用紙が配布されているので、事前に記入して早めに提出しに行く事をお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

子供は二人欲しいと考える世代が多い中で、なかなか経済的、時間的に産めない……と考える方が多いようです。

しかし、体験談を見ると、意外と皆さんなんとかなっていたりします。

ワンオペ育児が横行する中、それに準じて支援する制度や家電が開発されているのが現代です。

先ずは自分が一体何に不安を抱いているのかを明確に把握しましょう。

その不安を解消する手立ては、現代ならきっとあります。

助けて欲しいと叫ぶ前に色々な情報を見直すと、新しい発見がありますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする