Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

マミートラックに塩漬けの意味とは?脱出には退職しかないのか

マミートラックという言葉をご存じでしょうか?

働くお母さん方の間でよく話題に上がるこの言葉。

初めて聞いた、聞いたことはあるけれど詳細について知らない、という方も多いことでしょう。

実はこの言葉、キャリアを積みたい子育て親にとっては聞き逃せない言葉なのです。

マミートラックとはいったい何なのでしょうか?

なぜそのような言葉が出回るようになったのでしょうか?

そこから抜け出す方法まで考えてみました。

マミートラックとは

マミートラック 塩漬け 意味とは 脱出 退職

マミートラックとは子育てと仕事は両立できるけれど昇進や昇格はできないキャリアコースのことです。

昇進への階段を上がれずにグラウンドのトラックをグルグル回っているようだ、というところから名付けられました。

産休・育休からの復職からそういった役職に配属され、抜け出せなくなる事が多いようです。

マミー、と名前がついていますが、コレに嵌まる育児男性も少なくはないようです。

昇進がなかったり、責任ある仕事を任されない事で、大半の人がやりがいを無くしてしまいます。

しかし反面、残業が無いため子供の面倒をみたり家事をする時間は十分に取れます。

休み前の仕事では残業や長時間労働をしなくてはいけない事が多く、そうなると必然的に子供や家事が滞ってしまう。

結果、十分に時間が取れる今の役職を捨てる事=家庭を蔑ろにする事、のように感じてしまうのですね。

なので、ついつい昇進を諦めてその役職に留まってしまいます。

この心理的なジレンマによるマミートラックの受け入れを「マミートラックに塩漬け」と呼びます。

このジレンマの解消のため、仕事をしっかりやりたい人ほど会社を辞めていってしまう、と言うのが現状のようです。

そんな社員が辞めれば企業側にも損失になります。

この言葉は色んな問題をかかえた言葉だと言えるでしょう。

なぜマミートラックができるのか

マミートラック 塩漬け 意味とは 脱出 退職

なぜ、マミートラックができてしまうのでしょうか?

企業が女性の社会進出に協力的では無い、と結論付けている意見も多々見られますが、実はさらに複雑な問題だったりします。

企業側も子育て親を辞めさせたいから簡単な仕事を任せている訳ではありません。

むしろ、残って欲しいからこそのマミートラックなのです。

確実に帰る事の出来る仕事を割り振る事で、子育て親の負担を軽減しているのです。

実際、働く女性の3割程度がマミートラックを感じていません。

そのような企業側の配慮に助けられている子育て親も多く存在しているのは確かなようです。

だからと言って、キャリアを目指したい子育て親からすれば納得などいきませんよね。

片親家庭にとっては死活問題にもなりかねない問題です。

大半の子育て親が救われるからと言って、それを全員に適用するのは間違っていると思います。

子育て親がキャリアを目指せない、と言うのは子供の貧困にも関わる重大な問題です。

いち早い解決が望まれますね。

塩漬けになったら退社しかないのか

マミートラック 塩漬け 意味とは 脱出 退職

このマミートラック塩漬け問題は、個人で解決する事はできるのでしょうか?

それとも、退社して専業やパートになるしかないのでしょうか?

端的に答えるならば、残念ながらイエスです。

企業の中には未だに残業=仕事の成果、と考える所が少なくありません。

頑張って定時に残業仕事を終わらせた社員に追加で仕事を押し付ける体験談もあるほどです。

もし務めている会社がそのような体質ならば、残念ながらキャリアを目指す事は諦めた方が良いでしょう。

しかし、専業やパートになる必要はありません

近年、企業側も子育て世代の登用に力を入れ始めています。

何故なら、一つの家庭を持つことで生まれる責任感や、辞めない意志などが認められ重宝されるようになったからです。

主婦専用の仕事探しサイトなどもオープンし、子育て中と言うことを大前提として雇ってくれる企業も多く出始めています。

今の時代ならば、どこにいても意思の疎通が可能ですから、家の中で納品やミーティングもする事ができます。

また、完全に成果主義にする事で時短勤務でもキャリアを積める企業もあります。

むしろ成果主義なら企業側にもメリットがあり、成功している事例が多いようです。

今は失業による社会保障も充実しています。

もしマミートラックでなかなかキャリアを積めずに悩んでいるのであれば、転職を視野に入れるのも選択肢の一つでしょう。

まとめ

欧米の小話にこんな話があります。

とある奥さんがハムの端を切って捨てていました。

旦那さんが何故捨てるのかと尋ねると「母がそうしていたからだ」と答えます。

そこで母に聞いてみると「母(祖母)がそうしていたからだ」と答えます。

そこで祖母に聞いてみると「当時使っていた鍋に入らなかったからだ」と答えたのです。

これは伝統に訴える論証の事例として出てくるお話です。

昔からこうだったから正しい、という論証がいかに不安定で根拠に乏しいものか、と言う事を示した話ですね。

マミートラックも「長時間労働こそが仕事の成果」という昔からの考えが罷り通っているからこその問題のように感じます。

現代日本では、この様な考え方がまだたくさん残っています。

新しい時代に即した働き方で働ける場所を探したいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする