Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

ワンオペ育児はいつからいつまで?何歳位から楽になるのか

最近話題のワンオペ育児

片親に育児の負担が全てがかかるため、親の心身への悪影響が懸念されています。

ただでさえ育児は責任感や不安感が募りやすいもの。

さらにずっとこの苦境が続くのではないか……と思うと負担は2倍にも3倍にもなります。

しかし、子供は成長と共に親の手を離れるものでもありますよね。

一体いつまでワンオペ育児を頑張れば良いのでしょうか?

何歳位から育児が楽になるのかを色々な体験談から調べてみました!

育児はいつから大変?

藤田桜恵香 英語 水泳 性格 家族構成

「育児は大変」と言う言葉を良く聞きますが、一体いつからが大変なのでしょうか?

それは、生まれた時からです。

もちろん子供や親の性格、家庭環境などの差はあるので、育児は終始楽だという方もいます。

ですが夜泣きが止まらなかったり少しの物音に敏感だったりすると、お母さんは生まれた時から子供のケアで大変な思いをするのです。

乳児の睡眠サイクルはまだ不確定で、早い子だと2時間置きに目を覚ましてしまいます

産後の体は興奮しやいのでお母さんの寝付きも悪く、これらが合わさってほぼ一睡もできなかったりもします。

他にも母乳が出なかったり、産後の肥立ちが悪かったりすると、赤ちゃんの世話を満足にできない焦りから産後うつになる方もいます。

ちなみに、産後うつの原因はこれだけではありません。

産後はホルモンバランスが崩れることで神経が異常に過敏になります。(子供を守るための防衛本能と言われています)

よって、どうでも良いようなストレスすら受け流す事が出来なくなり、産後うつを発症する事が多いのです。

この様に、子育ては十人十色で一概に「大変」「楽」と分かれるものではありません。

大変な人は子供が生まれた時から大変で、ワンオペ育児はそんなお母さんを追い詰めかねない悪い風習だと言えるでしょう。

言葉を話せるようになると楽になる?

ななまがり キモお兄さん メイク方法 動き コツ 歌詞 台詞

ゴールが見えない大変さは神経をすり減らします。

では、育児が楽になる時期というのは来るのでしょうか?

経験談をみてみると、早いと3,4歳頃から楽になったという声が多く見られます。

意思の疎通ができ、イヤイヤ期も収まり、お手伝いもできるようになって来る頃です。

天使の4歳、と言う言葉通り、親の意思をくみ取って行動ができるようになるので、非常に親も動きやすくなります。

ワンオペ育児だと手が足りない事はしょっちゅうですから、お手伝いをしてくれると本当に助かりますよね。

お手伝いをしてくれたらとにかく子供を褒めちぎって、もっともっと手伝って貰っちゃいましょう!(もちろん常識的範囲で)

また、意思の疎通をとれるようになった頃からお父さんが育児に興味を持つようになってくる傾向もあるようです。

しかし色々な体験談を見ると、逆に3歳頃が一番大変だった、と言う方もいらっしゃいます。

また、成長したらしたで学校との折り合いだったり、精神面のケアだったりと別の問題が大変だ、という声もありました。

子供の成長も大事ですが、親の気の持ちようもまた楽になるためには大事な要素と言えるのかもしれません。

あまり思いつめすぎないようにしたいですね!

発達障害の育児

豆まき 盛り上がる 方法 風水 やり方 方角

近年、話題に上り始めた発達障害。

子供の頃は神経質だったり癇癪がなかなか治らなかったり、と手がかかって親としては心配なところ。

この心配はいつまで続くのか不安になりますよね。

では、発達障害の育児が落ち着くのはいつ頃なのでしょうか?

早い方だと小学4年生あたりから楽になったという声が多いようです。

子供自身が他人と自分の差異を理解し始める頃なのですね。

(療養を行っていたり、周囲の理解を得られている場合を基準としています)

社会的な集団の中で自分の感情を理解して状況に合わせてコントロールする、というのを自分自身で行えるようになるというのが楽になる理由のようです。

もちろん、手がかからなくなるのがこれ以降になる子もいます。

発達障害の育児をワンオペで行うのは、親に長く大きな負担をかけます

家族、もしくは公共機関の支援を受けられるようなら迷わず受けましょう。

また、家族の方も気がついたら支援してあげて下さい。

長期戦になりますので、決して無理はせず、必ず相談場所や逃げ場所を作っておきましょう

まとめ

いかがでしたか?

ここに書いたことはあくまでも多く言われていることであり、子供の成長具合や親の意識一つで楽にも大変にもなります。

また、ワンオペ育児=一人で完璧にやらなくては!と思ってしまいがちです。

しかし、実は一人ではありません。『子供』がいるので二人なのです。

子供だって母親を支えたいと思うのですから、できない事はキチンとできないと子供に言いましょう

あまり完璧主義にならず、お互いの失敗を受け入れ合える家族であることが大切な事なのかも知れませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする