Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

宅配ボックスで番号間違いされた!トラブル対処やサインの仕方まで

不在時に荷物を預けてくれる宅配ボックス。非常に便利ですよね!

しかし、便利な一方トラブルもつきものです。

暗証番号を入れてもボックスがあかない暗証番号が伝票に書かれていない、そもそも宅配ボックスを利用してくれない……など、困った事態に直面する人は少なくないようです。

そういった場合には、どう対処すればいいのでしょうか?

宅配業者に連絡をつけるのが早いのか、または管理人に話す方が早いのか。自分で対処してしまった方が早い場合だってあります。

それぞれのトラブルに応じた対処の仕方、また、気になるサインの仕方までをご紹介していきます!

伝票の番号を押しても開かない!伝票に番号がない…

小池百合子 血液型 性格 語録 愛犬 名前

よくあるトラブルが、番号を押しても開かない・伝票に番号が書いてないです。

宅配業者さんとて人間ですから、こういった間違いや手違いは必ず起こります。なので、そういった時の対処法はなるべく覚えておきましょう。

1、伝票にある番号を押しても開かない

こういう場合は業者さんの押しミスである場合が多いです。

なので、宅配業者に連絡しても「暗証番号は1111で間違いない」という答えしか返ってきません。

この場合、大概の場合はどこか一桁を間違えているだけなので、伝票に「1111」と書かれているのならば「1112」「1113」と9までの数字を入れてみましょう

そうすることで、5、6割の確率で開きます。

一番間違われやすいのは一番最後の桁、そして次に間違われやすいのは一番初めの桁です。

時間はかかりますが、4桁それぞれに1~9までの数字を入れて頑張ってみましょう。

2、伝票に番号が書いてない

ちょっと厄介なこのパターン。ヒントすらもない訳ですから、お手上げしたくなる気持ちもわかります。

まずは、暗証番号を書かなくていい場合から説明していきます。

実は宅配ボックスには、部屋番号で暗証番号が決まっている場合があるのです。

そういった場合には入居時にもらった資料に書いてあります。また、管理会社に問い合わせれば調べてくれますので問い合わせてみましょう。

単なる書き忘れだった場合。この場合は宅配業者に連絡してしまった方が早いです。

もしドライバーさんの連絡先が伝票に書かれているようならば、そちらにかけて教えてもらうのが一番手っ取り早いでしょう。

さらに裏技的にはなりますが、たいていの暗証番号は同じ数字4桁であることが多いです。最も多いのは「0000」「1111」なので、試してみる価値はありますよ!

どうして?宅配ボックスを利用してくれない理由と対処法

宅配ボックス 番号間違い トラブル 対処 サイン 仕方

宅配ボックスがあるから、と外出していたら荷物を持って帰られてしまった……なんて経験もあると思います。

なぜ、宅配ボックスを利用してくれないのでしょうか?また、利用してもらうにはどうしたらいいのでしょうか

まず、宅配業者さんが宅配ボックスの場所を知らなかった場合があります。玄関から奥まったところにあったりすると、急いでいる業者さんは見つけられずに持って帰ってしまいます。

次に郵便受けに表札が入っていない場合。宅配業者さんは転居による住所間違いをしないために、郵便受けに名前が入っていない場合は荷物を持ち帰る決まりがあります。

同じように宅配ボックスに入れた事でクレームになる時もあるので、ことのほか慎重に扱っているのです。

こういった宅配ボックストラブルを防ぐには、通販の注文の際に住所欄の末尾に「不在時宅配ボックス希望」と書いておくと良いです。

備考欄では宅配業者の目の届かないところに書かれる場合があるので、必ず住所の末尾に入れておいてください。

そうすれば、宅配ボックスが住宅にある事、また、配達先が宅配ボックスに入れることを希望している事が一目でわかります。なので、宅配業者さんも安心して利用することができます。

ただ、通販を注文する際には住所が変わっていないかしっかりと確認しましょう。

間違えて旧住所の宅配ボックスに入れてしまうと、商品の到着までかなりの日数がかかるのはもちろん、別途料金が発生してしまう事があります。

ボックスを利用した場合、サインはどうなる?

宅配ボックス 番号間違い トラブル 対処 サイン 仕方

荷物が届いた時にハンコやサインをしますよね。

しかし、宅配ボックスに入れてしまうと、当然ハンコもサインもできません

そういった場合、業者さんはどのように対応しているのでしょうか?

宅配ボックスの形式にもよりますが、実は預けた時にきちんと「預けました」という事を証明する証書が出てくるのです。

宅配業者さんはそれを伝票に張り付けて宅配完了となります。

他にも伝票を差し込むと受領印がもらえたり、印鑑が設置されている宅配ボックスもあるようです。

また、前章の様に「不在時宅配ボックス希望」と書かれていた場合には、宅配ボックスに入れるだけで宅配完了になる場合もあるようです。

ハンコやサインはきちんと受け取れるようです。これなら、安心して宅配ボックスを使えますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

宅配ボックスは便利な反面、トラブルが起こりやすくなります。

不在伝票を抜き取られて荷物を丸ごと奪われてしまった暗証番号を適当に打ち込まれて中の荷物を盗まれてしまった、という強盗事件は毎年のように起きています。

お金を払って受け取る品物なので、宅配業者さんも受け渡しには慎重になりますし、トラブルが大きくなれば通販先の企業も巻き込まれることになります。

なので、やはり荷物の受け渡しは業者さんから直接受け取るのが一番良いようです。

宅配ボックスの利用は最小限に留められるよう、受け取る時間も調節していきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする