Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

バレンタインデーってもともと何?ふんどしを贈り物に?!

バレンタインデー、日本ではチョコレートが各店の前に並ぶのは、もうおなじみの光景になりましたね。

ミルクチョコ生チョコビターチョコなど様々ありますが、皆さんはどのようなチョコを購入する予定でしょうか?

しかし、待ってください!あえてチョコレートから目を背けてみると、意外なものがプレゼント候補に挙がってきます。

それは「ふんどし」です。

なぜふんどしがプレゼント候補になるのか?というか、バレンタインデーとはそもそも何なのか。

皆さんの疑問に答えていきたいと思います!

日本のバレンタインデーとは

バレンタインデー もともと ふんどし 贈り物

日本のバレンタインデーは、外国に広く知れ渡っているバレンタインとは異なる事を知っていましたか?

まず、日本では「女性が男性に告白する」のが一般的ですが、海外では「男性から女性に愛を語る」日なのだそうです。
(詳しくはこちらの記事「バレンタインデーのルーツや成り立ち!外国の贈り物といえばコレ!」

贈る物についても、チョコレートを贈るのが広まっているのは日本だけだったりします。

日本のバレンタインチョコレートの発祥は、一番古いものだと製菓企業のモロゾフが1936年にチョコレートを贈ろう!と広告した事です。

しかし、これがすぐに広まることはありませんでした。

その後、森永ソニーなどがこぞってチョコレートを贈る行事として広めましたが、これらもブームの火種になる事はなかったようです。

しかし、1970年ごろからいきなり若者層のバレンタインデーのチョコレート購買率が上がり、それが各年代層に飛び火して今の様に定着した、と言われています。

なぜチョコレートだったのか……明確な理由は、いまだにわからないそうです。

2月14日はバレンタイン以外だと何の日?

バレンタインデー ルーツ 成り立ち 外国 贈り物 といえば

2月14日と言えばバレンタインデー、というのが一般的な認識だと思いますが、実は別の記念日でもあったりします。

まず、煮干しの日。「2=に 1(棒)=ぼ 4=し」の語呂合わせだそうです。これは全国煮干協会が1994年に制定しました。

次に、ふんどしの日。「2=ふん 14=どし」の語呂合わせだそうです。こちらは2011年に日本ふんどし協会が制定しました。

わざわざ、バレンタインにかぶせなくても……と思ってしまいますが、譲れない何かがあったのでしょうか……?

ふんどしを贈ってみよう

バレンタインデー もともと ふんどし 贈り物

バレンタインデー、チョコだけでは物足りない、他にも何か贈りたい……と思った方は、ふんどしを贈ってみてはいかがでしょうか。

前述したとおり、2月14日はふんどしの日です。

最近のふんどしは「SHAREFUN(シャレフン)」といって、おしゃれなデザインのものも増えていて、贈り物としても遜色ありません。

また、ゴムの締め付けがないので血行促進にも良いと言われていて、一時期ブームにもなりました。

アイドルがステージでふんどし一枚で踊ったこともあるようですね。さすがアイドル。

海外では下着を贈る文化(詳しくはこちら「バレンタインデーのルーツや成り立ち!外国の贈り物といえばコレ!」)もあるそうです。

ので、もし意中の人が受け入れてくれそうなら、ぜひ贈ってみましょう!

まとめ

意外なバレンタインデーの顔、いかがでしたか?

日本でのバレンタインの歴史は、意外と深かったのですね。

しかし、なぜ贈り物にチョコレートをチョイスしたのでしょうか?一説によればコンビニの販売戦略だったとも言われているようですが、これも判然としないようです。

ブームってわからないですね。

ふんどしの贈り物、というのも面白いかもしれませんね。

知識も踏まえたネタ物なので、ユーモアのある男性からは好感が持たれるかもしれません。

さらに煮干しの日でもあるので、煮干し好きの人にはチョコレートの代わりに煮干し料理を振舞ってみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする