Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

バレンタインデーのルーツや成り立ち!外国の贈り物といえばコレ!

ついに恋の季節の到来です!

バレンタインデーには何を作ろう、何を贈ろう、どうやって贈ろう……と頭を悩ませている女性は多いのではないでしょうか?

そこで気になるのは、バレンタインデーがやって来たとされる「海外」での贈り物

では、海外ではどのような贈り物をしているのでしょうか?

実は、女性からチョコを渡すという風習は日本だけのものだったりします。

ここでは、バレンタインデーのルーツと共に海外のバレンタインデー事情をご紹介していきます!

バレンタインデーのルーツとは

バレンタインデーのルーツ 成り立ち 外国 贈り物 といえば

バレンタインデーのルーツをご存知でしょうか?

ルーツの元は3世紀にローマで司祭職に就いていた、バレンタインという人です。

当時のローマでは強兵策の一つとして、兵士の結婚を禁じていました。

それに真っ向から対立し、兵士たちの結婚を後押ししたのがバレンタイン司祭だったと言われています。

残念ながら皇帝に刃向かった罰として投獄され殉教しましたが、その殉教の日が2月14日でした。

なのでもともとキリスト教のカトリックでは、2月14日はバレンタイン司祭の殉教を悼む日だったのです。

しかし、バレンタイン司祭の愛を後押しする生き様に感銘した若者たちが、この日に意中の人に愛の告白をし始めた事をきっかけに、バレンタインは「好きな人に愛を告げる日」となりました

バレンタインデー海外の行事

バレンタインデー ルーツ 成り立ち 外国 贈り物 といえば

バレンタインデーには海外ではどのような行事を行っているのでしょうか。

実は女性が男性に告白する日、となっているのは意外と日本だけなのだそうです。

多くの外国では逆で「男性が女性に告白する日」なのです!

フランスやイタリア、アメリカでは、気になる女性のみならず恋人、奥さんを連れてデートをし、プレゼントをして気持ちを確かめ合うイベントになっています。

特にイタリアや台湾では「あなたを愛しています」が花言葉のバラを送る事が一般的です。

送るバラの本数によって意味が異なり、

1本   「貴女だけを愛してます」
11本  「世界で1番愛してます」
99本  「一生愛します」
108本 「結婚してください」

となっています。

映画などでよく見る男性が両手いっぱいにバラの花を抱えているのには、こういった意味があったのですね!

外国の贈り物の定番

バレンタインデー ルーツ 成り立ち 外国 贈り物 といえば

聖バレンタインデーには、海外ではどういった贈り物をするのでしょうか。

まずは、先述したバラの花束。自分の伝えたい意味を込めた本数を意中の女性に渡します。

次に、下着。日本ではほとんどあり得ない、驚きの選択ですね。イタリアでは赤い色のものが人気だそうです。

日本でこの贈り物をする時はマナー違反とされることが多くありますので、きちんと相手を見て送りましょう。

そして、アクセサリーやジュエリーなども人気です。二人でおそろいのものを買いそろえて贈るのが定番になっています。

イギリスではバレンタインカードという物があり、意中の女性にそれを使って愛を告白するのだそうです。送り主の名前を書かないという伝統もあるらしいです。

まとめ

バレンタインデーのルーツや海外の贈り物についてまとめました。

海外では男性が女性に愛を語るイベントだなんて、意外ですね。

日本は女性の方がイベントごとに敏感だから、女性から送るようになったのかもしれません。

バラの花束には贈る本数によって意味が違う、というのは初耳だった方も多いのではないでしょうか?

送る際には是非、意味にあったバラの花束を贈っておきたいですね。

また、イタリアの贈り物にはなかなか驚きです。物がモノなので、日本ではなるべく控えた方がいいかもしれません。

海外と日本の文化は違い、いかがでしたでしょうか。

いろんな楽しみ方があるので、ぜひ自己流のバレンタインデーを楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする