Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

豆まきが盛り上がる方法!風水から見るやり方や方角も

昨今の節分の豆まきは、ずいぶん賑やかになりましたね。

神社仏閣では盛大に豆をまくイベントが開催され、これには芸能人や力士も参加しています。

京都ではハロウィンさながらに巨大蜘蛛が出てくるところもあるようです。

まく物も豆のみならず、落花生や福豆、お菓子など多彩に富みます。場所によってはお金を撒くところもあるそうですよ!

しかし2月の寒空の下、そんな人ごみに行くなんてありえない!子供がいるから無理!という方もたくさんいらっしゃる事でしょう。

そんな方々に、家で簡単に盛り上がれる方法や、風水から見る豆まきのやり方や方角などをご紹介していきます!

豆まきと風水

豆まき ねらい 五行 向き 方角 タイミング

節分の豆まきと風水、一見関係がないように見えますが、実は深いつながりがあるのです。

風水において、日本の時候の行事は「運を開くもの」として重要視されています。その中で節分というイベントが持つ力は「金運アップ」になるのです。

家の中を祓い清めて、福と一緒にお金も呼ぶ、という事ですね。

実は巷には、節分の日に金運アップのお守りを販売する神社や、財運を上げるための「財運枡」を販売している場所もあるようです。

意外と節分は、知る人ぞ知る金運アップデーのようですね。

風水から見るやり方、方角

豆まき 由来 簡単 パパ 鬼 やってはいけない

風水というものは人によっていろいろなやり方や方法があるので、ここではごく一部を紹介します。

まず、豆は数日前から神棚に飾っておきます。それを当日撒きます。

撒く際には「枡(ます)」を使うと良いそうです。枡の四角は財産を表すと言われています。

枡に神棚から降ろした豆を入れたら、邪気が入り込むという「鬼門」=「北東」の方から重点的に、家全体に豆をまきます。

その際にはなるべく窓を開け、厄が出ていくようにしましょう。豆をまき終わったら窓を閉め、福は内で豆をまきます。

家の中全てに豆をまき終わったら、その枡に豆と貴金属(ジュエリーや腕時計など)をいれて神棚に飾っておくといいそうです。

方々でやり方に差異があるようなので、これだけが正しいわけではありません。

気になる方は、さらに詳しく調べてみてください!

家庭で盛り上げるためには

豆まき 盛り上がる 方法 風水 やり方 方角

最近の豆まきでは、趣向を凝らして楽しむご家庭も増えています。

例えば、子供でも食べやすいように、豆の中に飴玉やチョコボールを混ぜて投げてみたり。

いくつかの豆(大豆や福豆、赤ちゃん用にタマゴボーロなど)をラップで包んで子供でも投げやすくしたり。

また、当たると倒れる鬼の看板を作って、豆入りボールを投げて倒すゲームのような形で楽しんでいる方もいらっしゃるようです。

ちなみに、投げる際には家の奥の部屋から玄関に向かって鬼を追い出すように豆を投げていくと鬼を追い出せるといわれています。

まとめ

風水から見ると、節分には「金運」が強く関係していたのですね。

皆さんは、金運アップのための手順を見てどう思われたでしょうか。

「手間がかかるなぁ」「なんだ、意外と簡単じゃん」色々あると思います。

普通に豆をまくほど簡単ではありませんが、その手間暇で金運が上がるのであればぜひ挑戦したいものですね。

また、節分は遊び心満載で楽しむのもイイですね。子供と一緒に楽しめれば、なお楽しくなりそうです。

鬼は自分の弱い部分を体現した化け物、という説もありますから、子供と鬼の面を作る際には大人も子供も「自分を見つめなおす」良い機会にしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする