Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

豆まきの由来を簡単に!パパは鬼をやってはいけない?

豆まき 由来 簡単 パパ 鬼 やってはいけない

皆さんは節分に何をするか、決めていますか?

豆まきはもちろん、恵方巻を今年こそ完食しようと思っている人や、実はまだ何も考えていない、という人もいらっしゃるでしょう。

家族で豆まきをしようとしている方の中には、鬼役を誰がやるかで話し合いをされた方もいるのではないでしょうか。

しかし、待ってください!実は「パパは鬼をやってはいけない」という事を知っていましたか?

豆まきというのは本当は神聖な儀式で、やり方も決まっていたりします。

ここでは豆まきの由来と共に、なぜパパが鬼をやってはいけないのかも紹介していきます!

豆まきの由来とは?

豆まき ねらい 五行 向き 方角 タイミング

「節(ふし)」を「分ける」と書いて「節分」という名の通り、冬から春に移り変わる節目に行われるのが節分です。

実は節分というのは立春、立夏、立秋、立冬といった季節の変わり目を表す日の前日の事を示しているので、春夏秋冬4つの節目に存在しているのです。

この節分や大みそかに、日本では「豆打ち」という儀式を行っていました。

「豆打ち」とは、家の鬼(邪気)を追い出す為に炒り大豆をまく儀式で、地方によっては鬼を取り押さえるところまで行われます。
また、春分は旧暦での「新年」に当たります。その春分の頃の中国では「追儺(ついな)」と呼ばれる邪気払いの儀式が、陰陽師たちによって行われていました。

この追儺では小豆や五穀を投げつけて邪気を払っていたそうです。
日本の「豆打ち」と中国の「追儺」、このふたつが合わさって「節分に豆まきをする」という風習が出来上がったとされています。

鬼の役割とは?

豆まき 由来 簡単 パパ 鬼 やってはいけない


節分で豆を当てられる「鬼」。この鬼というのは、世の中の邪気の塊だと言われています。

なので、事故や災害などの不幸、自分が欲望に負けてダイエットができない!などは、この鬼が身近にいるから起こるとされてきました。

節分での鬼の役割は、こういった不幸や自分の欠点を追い払う、または克服するという意味合いを持っています。

ところで、鬼には赤鬼や青鬼など、いろいろな色がありますよね。

実はその鬼の色にも意味があるのです。簡単に表すと……

赤鬼:欲望、全ての諸悪の根源
青鬼:怒り、貧相な自分
黄鬼:自己中心的、わがまま
緑鬼:不健康、不衛生
黒鬼:嫉妬、妬み、愚痴

となります。意外と鬼もカラーバリエーションが豊富なんですね!

パパが鬼をやってはいけないワケ

豆まき 由来 簡単 パパ 鬼 やってはいけない

パパが鬼をやってはいけないのにはワケがあります。豆をまく人というのは、

1、その年の干支に生まれた「年男」や「年女」
2、厄年の人
3、一家の「家長」

が行うと効果があるとされているのです。

だいたいの家では「家長」=「パパ」とされていますよね。

パパが鬼役をやってしまうと、豆を投げることができません。これが、パパが鬼をやってはいけない理由です。

また、年男や年女が豆をまくと、より邪気を払い福を呼ぶとも言われています。

厄年の人が豆をまくとよいとされるのは、厄年の方自身の邪気をより払えるからだと言われています。

まとめ

豆まき イワシ 前日 準備 やってはいけない事

豆まきの由来と、パパが鬼をやってはいけない理由を簡単にまとめました。

由来に関しては諸説あります。なので、これだけが正しいわけではありません。

他の由来が気になる方は、さらに調べてみてください!

おおよそのご家庭では、パパが鬼役を仰せつかることが多いかと思います。なので「パパが鬼をやってはいけない」というのを聞いて驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今年度の節分には、投げたことがないパパにもぜひ豆を投げてもらってくださいね!

また、鬼の色には各役割があります。鬼の面を用意する際には自分の弱点に合った鬼の面を用意して、しっかりと邪気を追い払いたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする