Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/zumita/zumiaa1.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 600

藤田桜恵香は英語と水泳が上手い?性格や家族構成も調べてみた

つい先日行われた日本美少女コンテスト。

そこで惜しくも優勝は逃したものの、音楽部門賞を受賞した藤田桜恵香さん

若干12歳ながら英語の歌詞を熱唱したり、高いレベルのダンスを披露したりと、小学6年生とは思えないスキルは圧巻でした!

そんな彼女はどんな人なのかとブログを覗いてみると、水泳ゴルフなど色んな事にチャレンジしているみたいです。

一体彼女はどんな性格をしているのでしょうか?

家族構成も含めて、彼女の魅力について紹介していきます!

性格や家族構成は?

藤田桜恵香さんどういった人なのでしょうか?また、兄弟はいるのでしょうか?

まず家族構成です。

ブログから見ると元バンドマンのお父さん英語が堪能なお母さんさんの4人家族のようです。

彼女の歌の上手さはお父さん譲りだったんですね!

旅行好きなご家族らしく、日本で行ったことの無い県は数えるほどしか無いとか。

その旅行の様子もブログに上げています。とてもアクティブで明るいご家族のようですね。

桜恵香さん自身はボルダリング(石の突き出た壁登り)やシュノーケリングも得意だそうです。

運動神経は良い方、とご自身でも言っている通り、歌のみならず運動もスゴい堪能なようです。

以上の事から見ると、桜恵香さんはアクティブで明るい性格のようですね!

また、ブログの更新頻度や文面から見ると、とても真面目で淑やかさを備えている印象もあります。

淑やかだけれど明るい、一目を引く女性……音楽賞をとるのも頷けます。

藤田桜恵香さんはバイリンガル?!

藤田桜恵香 英語 水泳 性格 家族構成

英語が堪能な藤田桜恵香さん。

生まれ故郷は一体どこで、どのようにして英語を習得したのでしょうか?

まず、生まれは日本で埼玉県の出身だそうです。

それでも英語が上手なのは、3歳まで英語が堪能なお母さまに英語で育てられたから、とブログ内で語っています。

なんと、小学2年生で英検2級を取得したそうです!

準1級も受けたそうですが、今一歩の所で届かなかった……と悔しそうに綴っていました。

また、プライベートて英文小説を読んでいる写真もアップしています。

ギリシャ神話系の本がお気に入りだとか!

英語は堪能なのですが、漢字が苦手だったそうで、幼少期は洋書ばかり読んでいたそうです。

最近は洋書邦書を半分半分ぐらいで読んでいるとの事です。

桜恵香さんにとっては、英語もほとんど母国語のようなのですね!

水泳はなんと〇才から!

藤田桜恵香 英語 水泳 性格 家族構成

藤田さんは水泳が得意だそうです。

では、いつから水泳を始めて、その腕前はどれくらいなのでしょうか?

実は腕前はかなりの上級者50mを35.9秒で泳ぎ切れるそうです。

小学生の50mの平均タイムが40秒~1分ぐらい、成人男性の自由形でも25秒ぐらいになりますから、相当早いですね!

スイミングスクールでは、一番上級の選手コースまで行ったそうです。

そして、スイミングを始めたのはなんと0歳から

ハイハイでプールに向かうほど、水が好きだったそうです。

そんな水好きな彼女ですが、2017年7月コンテストを前にスイミングスクールを辞めてしまいました。

忙しくて時間が取れなくなったそうです。

趣味の範囲で続けていくそうですが、ちょっと残念ですね。

またテレビなどで彼女の泳ぐ勇姿が見られると良いですね!

まとめ

藤田桜恵香さんのプロフィール、いかがでしたか?

ここには書き切れませんでしたが、パーチメントクラフト囲碁なんかもやっているみたいです。

囲碁はお父さんと指すそうですが、なかなか勝てないと悔しそうな内容をブログに上げていました。

……なんだか音楽部門賞だけではもったいない人材のように感じますね。

これからきっと大きくなる(かもしれない?)藤田桜恵香さんに、大注目です!